上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君にこの想いを伝えられたらどんなにステキなことがおこるだろう
君の言葉はYESであれNOであれ輝いてみえるとおもうよ

今、ちょうど22時22分になった
この瞬間を君はみていたのかな?
同じ時間を共有したいだけなんだ
同じ空間にいることで嬉しいんだ

君と一緒に銀杏BOYZの東京を聴きたいな
星で空がうめつくされて、「なんだかあたしたちを照らしてるみたいだね」なんていいながら、そんな空の下で君と「東京」を聴きたい

嘘でもなんでもなく、ただただ君のことが好きなんだ



くっそ、このやろう、こんな話させんじゃねえ、ばかやろう

昨日の夜、すっごい夢をみたよ。
それは12月のことで、丁度バックホーンの「声」というシングルが発売されたぐらいのころかな?
それで、まだ買ったばっかりの、傷一つついてないそのCDを車に内蔵されてるCDプレイヤーに入れた。
入れた瞬間に、車の外でバックホーンのライブが始まった。音が広がった。
最初に「声」をやって、次に「舞姫」をやった。
まだあたしは舞姫っていう曲を聴いたことないけど、イントロが頭の中で演奏されてた。
あたしの頭の中でのメロディだから本物とは全く違うものだけど、そのイントロが凄く素敵だったのを鮮明に覚えてる。
とっても不思議な感じだったな。
イントロで、栄純は足をピコッピコッと上げながら弾いていたな

もし、あたしの頭の中の「舞姫」とバックホーンの「舞姫」が同じだったら… 
考えただけでもゾクゾクしちゃう!



今日の席替えの結果、いいんだか悪いんだかわかんないよね
ねえ?

みっきぃ<<<拍手ありがとう!
おーう!あたしもうんこしてえぜ!特大のでっかいやつ★
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。