上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ!
お久しぶりです!

ん~…最近ここ更新しなかった理由っていうの
がちゃんとあるんです。
そんなこと誰もききたくないやろうけど、
何となく書きます。
こっちが吐き出すんで、あなたはゴミ箱を。



昔の自分と変わったなあ…と思いまして。
昔、というか2006年は
頭のひねくれ度が60%(ひらめき的なね)で、
性格のひねくれ度が40%だとしたら、
今は完全に性格のひねくれ度が100%なのですよ。
わかりにくいけど、どうにかして理解するのがキミの役目デスヨ(^ω^)

というか、車の動きが光の速さに見えるような
首都高速道路にのってしまったのです。
今までは、猛スピードで飛ばしたくても飛ばせない普通道路を
歯くいしばりながらダラダラと走ってたわけなんですがね。



高速道路で飛ばしてる人にいい印象は持ちません(あたしは)。
普通道路から見る高速道路は非道で最悪な近道です。
今までそういう人を見てると事故らないかな…
なーんて考えてたりもしたけど、
徐々にあたしが高速道路に乗り移ってる気がしてなりません。

普通道路人間と高速道路人間は互いに僻みあい・妬みあいます。
まあ、そういう2パターンの人間がいるから
世の中が成り立っているのかもしれませんが。

だから、性格が少しとんがりました。
(「だから」っていうのもおかしいけど…)
モノの捕らえ方が思わぬとこからきたり、
優しさってモンを見失いました。
モノの捕らえ方ってもんの
根本を常に「疑い」をかける
ということしかできなくなりました。
素直に、平行に、垂直に、スパッとモノを見る能力がなくなってきた。
本当の優しさってもんを与えることも受けることもできなくなった。
何なんだろうか、人に心を伝えるって。


でも、人に流されることってあってもいいことだとおもうんです。
人に感化されて自分も変われるんなら
その人にとってもいいことなんじゃないでしょうか。
いい方に変われるのならね、いいんだよ、そんなこと。




無理矢理高速道路にのるという意識が間違っていたんだと思う。
気楽な、普通道路でいいじゃないか。
やっぱりそこに辿りつくんだと思う。
こんなしけた女にスピードなんて似合いやしないしね。
きっとこのままでいいんだとおもう、きっとこのままがいいんだとおもう。


そして、おやすみ。
1日1日、脳の片隅のちっさな部屋であなたのにおやすみと言える毎日が幸せです。

それじゃあ。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。