上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間は死んだらまた生まれ変わる(いわゆる輪廻)といわれている。
でも人間にうまれかわるのは動物になるのか不明。
この思想はもともとインドのヒンズー教の教えである。
それによると生き物の世界には
次の5つ、または6つの世界に
うまれかわるという。

1.五極
天上、人間、畜生、餓鬼、地獄

2.六道
天上、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄

天上(極楽)では900万年も
お釈迦様と一緒にたのしく
生活できるが、
地獄におちると
1兆6200億年も
くるしまなければならない。

だれがそんなのきめたよ
証言者はおらんのか
うむ、輪廻、興味あり。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
輪廻 輪廻輪廻(りんね、Samsara)は、ヴェーダ、仏典などに見られる用語で、人が何度も転生し、また動物などにも生まれ変わることを特に言う言葉。なお、「輪廻」をリンネと読むのは国語学上の連声(れんじょう)という現象である(リン+エ=リンネ)。ヒンドゥー教における
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。